懸賞は意外によく当たり節約につながります

時々、空いた時間に懸賞に応募しています。懸賞というと、なかなか当たらないというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、これが意外に当たるのです。そして、一月に2回くらいは、食品やコスメ、お酒などが届けられます。

お酒が当たった時には夫がとても喜びます。また、コスメが当たった時には、ありがたく利用させてもらっています。また、食品や調味料などが当たった時には、食費の足しにもなっています。

夫と一緒に、なんだか株主優待みたいだねと言っています。株主優待は、株を購入しないともらえません。そして、株価が変動するというリスクも伴います。しかし、懸賞の場合は、お金はほとんどかかりません。時々、はがきを使うこともありますが、せいぜい、そのはがき代くらいです。株のように、自分の資産が変動するような心配もないのです。銀行カードローン審査についてのお話はこちら

コツコツと懸賞に応募することは、結果として、節約につながっていると思っています。当選して送られてきたものは、写真も撮って記録しています。一時は、基礎化粧品を買わずに半年過ごしたこともありました。また、ビールが1ケース送られてきたこともありました。応募すること自体を楽しみながら、続けていきたいと思っています。

庶民の節約術あれこれ

消費税がまた上がってしまいます。給料は上がらず、ボーナスもなく、物価は何でも上がるのに更に消費税まであがるなんて、庶民にはかなりきついです。数年前に、スポーツカーから断腸の思いで軽自動車に乗り換えましたが、軽自動車税も上がるんですね、来年から。なんでも値上げ値上げで、値下がりしているものって、あるんでしょうか。つい数年前までは定期の金利も、良いところでは1パーセントくらいありました。預金額が少ないのでいくらにもなりませんが、それでも100万円入れれば8000円。現在、かなり良いところでも0.3%代くらいなので、今思えば夢のような金利です。収入が増えないので、支出を抑えるしかないと思い、家庭菜園をしています。バジルとか、いろいろ植えてますが、結構いい感じで育ってくれているので、食費の節約に役立っています。節約はかなり頑張っているので、特に家計簿とかはつけてません。どうせムダづかいはしていないので。食材はなるべくロスが無いように、あまり買いだめしないようにしています。野菜やコメは農家の知人に分けてもらったりして、食費をとにかく安く抑えるしかないです。でも、贅沢しないほうが健康にもよいので、医療費も節約になってるかもしれないです。総量規制対象外キャッシング

コンビニATMの手数料がもったいなすぎる

私が節約というほどでもありませんが、一応気にしていることはATMの手数料です。コンビニのATMでは自分のお金を出金するだけでも108円、そして時間外であればそれ以上の手数料が取られてしまいます。これが意外ともったいないのです。

なので私はなるべく手数料のかからない銀行や郵便局のATMを利用するようにしています。

ですが私がATM手数料を気にするようになったのは実はけっこう最近の話です。それ以前は手数料を取られていることにさえ、気がつかないくらい無頓着だったのですが、仲の良い友人がコンビニにATMの手数料がバカバカしいと言っているのを聞いて、初めてそこでそういえばと思い当たったのでした。そしてそれ以来私自身も手数料を気にするようになったのです。

そして一度気にし始めると今までまったく気にしていなかったことを後悔してしまうほどもったいなく感じ、なぜ自分のお金を引き出すことのためにお金が取られてしまうのかなと腹立たしく感じることさえあります。

毎日スーパーで一円でも安く買い物をしようと四苦八苦しているのに、手数料100円というのは本当にもったいないなと感じます。

こうして小さなことではありますが、コツコツと節約を実行している私なのでした。

モビット 審査
モビットの審査について詳しくまとめられたサイト。テキスト主体ですが本気でお金に困っている時にはおすすめですよ。

正義のハッカー、養成が急務です。

日本年金機構のパソコンの、ウイルス感染による情報流出問題が記憶に新しい所ですが、石油連盟もパソコンがウィルス感染していることが明らかになりました。

大きい組織ですし、さぞやネットセキュリティがしっかりしている者かと思えば、そうでもない様ですね。逆に大きい組織だからこそ、盲点が出てくるものかもしれません。

ここ数年はサイバー攻撃が激しいこともあり、政府もお抱えのハッカーの人数を増やすそうです。その名も「正義のハッカー」。現在は数人しかいないそうですが、将来的には数十人に増やす考えの様です。

が、それでも少なすぎる気がします。国が管理する機密事項や個人情報は山のようにあります。また県や市町村まで考えると、星の数より多いかもしれません。クレジットカード 組み合わせ

それにコンピュータで制御されている、原発の様な重要な施設だって沢山あります。そこを狙われたら終わりですし。

これだけネットが普及した社会になったわけですし、もっと多くのハッカーを養成しないと、日本を守っていけないんじゃないかと思います。

国の情報を守るのですから、高い技術だけでなく、倫理に対する高い意識が必要になりますね。日本を守る最強のハッカーの養成は、なかなか苦労しそうな感じですね。

静岡銀行カードローンセレカの特徴

静岡県に住む人なら誰もが知る、静岡銀行で、静岡銀行カードローンの借入が出来るものがあります。

この静岡銀行カードローンはセレカと言う年会費や入会金も無料の、個人向け貸付のカードローンであります。静岡県内ではナンバーワンのシェアを持ったものです。

貸付は、アルバイトやパートや、主婦や、主夫や、派遣社員の人でも借入できて、金利は4~14.5パーセントの、とても低金利でお得な貸付商品だと思います。

借入をして、返済するには、静岡銀行の口座をつくり自動引き落としの返済をする定例返済と、ATMから返済する随時返済とがありますが、静岡県、東京都、神奈川県、愛知県に住んでいるか、このエリアに勤務している人は、口座を作らずに、ATMでの返済方式を取っても良いようです。

お金を借りるのに、消費者金融業などの金融業に行くと、いかにもお金を借りている事が人にバレますが、静岡銀行カードローンセレカで借入をすると、静岡銀行のATMでも借入の引き出しや返済が出来ますので、人から見て、借入に見えない状態になります。

静岡銀行に行って、預金を引いているように思われる為に、借入を人に知られずに行う事が出来ます。

返済は、静岡銀行のATMではもちろんの事であり、他にもコンビニのセブンイレブンのセブン銀行のATMや、ローソンのATM、イーネットATMなどでも取扱があり、イトーヨーカドーやイオン銀行や、ゆうちょ銀行など全国での提携ATMで利用が可能なのでとても便利に思います。

お金を借りるのであれば、金利が安くて、安心な静岡銀行カードローンセレカで借りるのが良いでしょう。

パート・アルバイトの人のキャッシング審査について

キャッシングの審査では、年収・勤続年数・勤務先・勤務形態・他社からの借金額・個人信用情報などが重要項目となります。年収は高いほどよく、勤続年数は長いほどよく、勤務先は安定企業であるほうがよく、勤務形態は正社員が有利です。年収が高いよりも、安定した収入があることが重視されるようなので、公務員や大企業の正社員が最も有利なようです。

近年ではパート・アルバイトでも一定の収入があれば融資可能としている金融機関も多いようなので、パート・アルバイトだからといって諦める必要はないです。しかしやはり正社員に比べると信用は落ちるようで、限度額が低くなるなどの影響はでるようです。パート・アルバイトでも、大手の安定した企業で働いている・勤続年数が長いなどの場合、審査で有利になるようです。

他社からの借金の額や個人信用情報も重要です。他社からの借金の額が多いと、返済が困難とみなされて審査に落ちることがあります。個人信用情報に傷がついている人も、過去にクレジットカードやローンなどを延滞したことがあるので、今回も延滞するのではないかと疑われ、審査に落ちることがあります。延滞が3ヶ月以上続いたり、自己破産をしていると個人信用情報がブラックとなり、審査はかなり厳しくなります。

他社からの借金の額と個人信用情報は努力することで改善できるので、これらの項目でマイナスとならないように気をつけましょう。

カードローン審査の流れと進み方のまとめ

カードローンの申込方法はいろいろあります。

むかしながらの方法としては、銀行や貸金業者の店頭窓口に出向いて申し込む方法ですが最近はインターネットでの申し込みが多くなっています。

無人ATM機で申し込むこともできます。

また消費者金融の場合は電話で直接申し込んで、数十分後に折り返し審査の可否を知らせてもらうことも可能です。

ただし、申し込みから審査の流れはどのような場合でも「事前審査・信用情報の照会」「本審査・スコアリング審査」「在籍確認」という3つのステップで進んでいきますのでこの流れをおさえておけばカードローンの申し込みの流れは大体おさえられるはずです。

仮審査と本審査が分かれている場合は本審査がある程度進んでから在籍確認が行われます。

在籍確認は、銀行や貸金業者の主に女性担当者が勤務先に連絡しますが、このときはローン利用などを想起させなような立場を演じて申込者が勤務先に在籍しているかの確認をとります。

在籍確認まで進めば、ほぼ審査は可決とみて良いのですが在籍確認後に、どういうわけか否決となることもあります。

正式に審査が可決するとローンカードが本人宛に郵送で届きます。

銀行のカードローンの場合は、その銀行に口座を開設しなくてもカードローンを作れるところも最近は増えています。

返済口座を他行にする場合は口座振替依頼書を返送しなければなりませんので注意してください。

カードローンの審査基準について。

カードローンを利用するには、申し込んでから審査に通過する必要があります。

その審査の基準ですが…

まずは仕事をしていることが大前提です。

仕事をしていなければ収入はないので、返済能力もないですもんね。

そして、その仕事もある程度は続けていなければなりません。

勤続年数は長ければ長い程、印象はいいです。

次に、年収です。

ただ仕事をしていればいいってわけではなく、ある程度の年収が必要です。

安定した仕事をしていたとしても、年収が100万円以下なら厳しいと思います。

社会保険に加入できるくらいの就業なら、ましぞは問題ないでしょう。

次に、家族構成です。

独身か既婚か、子どもありか子どもなしか。

それによってもだいぶ違うんです。

住居状態も大切です。

一戸建てかアパートか、住居年数はどのくらいか?など、これも審査をするときの判断材料になります。

そして、過去に遅滞歴がないかどうか。

これは、とても重要になります。

あまりにも遅滞歴が激しかったり、現在も他社で滞納などがあったら審査には絶対通りません。

また、債務整理などをしている方は、一定の期間が過ぎなければ申し込むことはできても、審査には絶対通りません。

このようなことはウソをついてもバレてしまいます。

他社に借り入れがたくさんあると、総量規制の関係もあるので審査に通るのは難しいと思います。

それさえ平気なら、審査は通りやすいと思います。

審査は2段階に行なわれる

カードローンでお金を借りる時には、必ず審査があります。

本当に返済できるか、信用できるか否かを判断します。

カードローンの審査は、2段階で行われ、最初に仮審査があります。

無事に仮審査を通過できれば、本審査に移行します。

本審査を通過すれば、ローンカードが発行され、

カードローンを利用することができるようになります。

仮審査と本審査には、それぞれ特徴があります。

申込む際には、それぞれの特徴をよく理解しておく必要があります。

仮審査には、次のような特徴があります。

大雑把な審査で、最も基本的な要素を調べて、申込者にお金を貸しても良いかを判断します。

審査自体も大雑把なもので、ある意味シュミレーションに近いです。

ですが、仮審査を通過しても、本審査で落ちる場合もあります。

仮審査を合格しても、すぐに融資可能となるわけではありません。

機械化された審査は、申込者の年齢や勤務年数、年収から融資可能かどうかを機械的に判断します。

コンピュータによってふるいにかける審査方法です。

スピーディーな審査は、仮審査はスピーディーに行われ、ほとんど時間がかかりません。

特に、インターネットで申込んだ場合は、数分で仮審査の結果が出ます。

このように仮審査は、機械的に行われます。

仮審査だけで審査は終わらず、本審査で人間による確認が行われます。

銀行カードローンの方が若干安い

消費者金融会社のキャッシングの平均的な金利水準が、5%~18%程度なのに対し、銀行のカードローンの金利水準は3%~15%程度と、その差は明らかです。

金利ではなく、利息の金額で考えてみると、その差を実感することができます。

たとえば、10万円を1ヶ月借りた場合、金利が14%の場合と18%の場合では、返済時の利息の額はそれぞれ1,150円および1,479円となり、300円以上の差が付きます。

1ヶ月でなく、1年間借りた場合は、利息の差は4,000円とさらに広がります。

このようにお金を借りるにあたって、金利は大事な要素となります。銀行のカードローンも、銀行によって金利水準に微妙な差があります。

銀行のカードローンに限らず、金利は借入限度額によって変わってきます。原則として、借入限度額が大きいほど、金利は低くなります。

したがって、表の中の最低金利は、最高限度額を借入れた場合の金利水準を示していることになります。

これは、限度額以外に金利を左右する要素があるからで、たとえば、その銀行での取引実績(初めての利用かどうか、住宅ローンを利用しているか、給与振込を利用しているか、公共料金の自動引落を利用しているかなど)が考えられます。